パティスター・ドッグスクール

定休日:年中無休
ドッグラン:埼玉県比企郡ときがわ町玉川2861
●お取扱い業務:
しつけ・訓練 ドッグラン 子犬販売 

営業時間
09:00~18:00

お気軽にお問合せください

08033198670

無駄吠えでお困りの方

無駄吠えをしている犬の飼い主さんは、うちの子は馬鹿だから・・・臆病者だからと犬が悪いようにいいます。馬鹿な犬はいません。たまたま、吠えた時のタイミングが悪く吠え続けるようになってしまっただけです。たまたま、しつけ方が間違えてしまいよく吠える子になってしまったかもしれません。愛犬と飼い主さんのコミュニケーションで犬の無駄吠えが改善できます。しつけは、子犬を飼い始めたその日からすぐに始めましょう。小さいからかわいそう。という気持ちは捨ててください。無駄吠えをするようになってしまった犬の方がかわいそうです。

新しいおうちに来た子犬が慣れないうちは夜中にケージの中で鳴くことがあるかもしれません。人は遠吠えだと思い、うるさい!!っというか、かわいそうになり子犬を抱っこしてゲージからだしてあげる人もいると思います。どちらもだめです。甘やかすことで、また吠えれば出してもらえる。吠えても出してもらえないならばもっと大きな声で吠え続けるようになり、うるさい!!と言われるともっとほえろと言われている気分になり、どんどん吠え続け無駄吠えにつながります。子犬の時期に、甘えたように吠える場合は、ケージに布をかぶせほっておきましょう。しばらくすると静かに寝てしまいます。

ケージに布をかぶせても吠え続ける場合は、ケージをバンッとたたき吠えるといやなことが起こることを覚えせてください。この時必ず飼い主さんがたたいているのがわからないようにゲージに布をかぶせてください。犬は、自分の飼い主さんがいやなことをする。という認識をしてしまうと飼い主さんにおびえて噛みついたりということにもつながります。

子犬の時期をすぎしつけがうまくできず悩んでいる飼い主様は今すぐに埼玉県のしつけ教室パティスタ―ドッグスクールにお問い合わせください。1日でも早い方が愛犬との生活が幸せになりますよ。

 

その他のメニュー

子犬を迎えたらしつけをすぐにはじめましょう。

犬の習性を学びしつけの基礎をおぼえましょう。

噛んでいいもの、だめなもの理解させましょう。

お問合せはこちら

お電話でのお問合せはこちら

08033198670

受付時間 :09:00~18:00(年中無休)